130123② 初ミラーレス☆
130123_2_1.jpg 
予想耐用年数を考えて延長保証には入らなかった(PCは入った)けど、理想のスペックだけに長く付き合いたいものだ。








130123_2_2.jpg 
現在のメインカメラであるXZ-1君と比べるとなんとなくチープなイメージだけど、良く良くみるとボディーの質感は変わらないようなので、きっとプラレンズのせいだろう。昨今はどの業界でもコストダウン流行りだし、それにXZ-1君は‟高級コンパクト”っていう先入観もあるしね。(笑)
まあ軽さとトレードオフと思えば納得出来なくはないけど、色々試しながら追々資産を増やして行くとしよう。この軽さなら望遠ズームをポケットに入れておいて、鳥君などが居たら600㎜で撮るなんて芸当も訳無く出来そうだ。
とりあえず次は、キャンペーンの景品のボディキャップレンズだな。小型軽量というコンセプト的にこの上無くマッチするし、画角とパンフォーカス性がお散歩スナップに最適だろうからね。
楽しみ楽しみ♪




スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

【 2013/01/23 23:32 】

| 撮影機材 | コメント(0) | トラックバック(0) |
110813② 新しい機材達☆
110813_2_1.jpg 
この夏、二つの機材が新しく仲間入りした。
先ずは高級コンパクトのXZ-1君。ママヤのコンデジの写りが少し怪しくなってきたので、代替としてママヤ用兼私のサブ用としての導入であるが、最大の売りであるF1.8の明るいレンズと高画質、それにオリファンの間で人気の高いドラマチックトーンを含むアートフィルター、さらには個人的にメイン機で常用している6:6アスペクトや、大前提であるコンパクトさ等、お散歩撮影がメインの私にとっては、場合によってはデジイチである620君からメイン機の座を奪う可能性も秘めた戦略的(?)導入なのである。








110813_2_2.jpg 
もうひとつは620君の4本目となる交換レンズ。








110813_2_3.jpg 
初めてのマクロである50㎜F2.0。通称5020、オリファンの間で神レンズと言われる極めて評価の高いレンズだ。








110813_2_4.jpg 








110813_2_5.jpg 
常用の標準(14-54)ズーム君と較べると一回り以上小さい。








110813_2_6.jpg 
14-54君を見慣れているので、少々物足りない感じがする。








110813_2_7.jpg 








110813_2_8.jpg 
14-54








110813_2_9.jpg 
5020

でも、マクロではあまり手持ちでは撮らないだろうから、このコンパクトさが活かせるのは主に運搬時かな?

で、せっかくなので、早速比較撮影してみた。








110811_3_1.jpg 
5020君♪  手持ちなのでAF もちろん目に合わせてるつもりだけどちょっと甘いな。








110811_3_2.jpg 
14-54君♪  ≒50㎜ 手持ちAF やはりちょっと甘いか? まあいずれ確認するとしよう。








110811_3_3.jpg 
マクロらしくドアップも一枚。 ピントはともかく、目に室内が写っているのが楽しい♪








110813_2_10.jpg 








110813_2_11.jpg 
とりあえず、暫くはこれで修行だな。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

【 2011/08/13 17:20 】

| 撮影機材 | コメント(0) | トラックバック(0) |
110110③ 野球撮影用の機材選びについて

写真とワンコに関してはもちろん、人生の先輩であるヒナタマンマさんから、野球撮影用の機材についてご質問を頂きましたので、人様にアドバイス出来る様な腕も経験もありませんが、八乙女さんを始め、日頃のご恩への感謝の意を表するためと、ついでに自分の今後の写真撮影のためにも、分かる範囲でお答えさせて頂くことに致しました。 

 

とは言え、デジタル一眼はオリンパスを2台、計4年しか使用しておりませんし(フィルム一眼はペンタとキヤノンを各10年程使用)、大伸ばしなどをせず、特別なこだわりの無い一般的なエントリーユーザーの用途においては、同価格帯の機種であれば基本的にメーカー間の差は気にするほどでは無いと思っており、せいぜいスポーツ等の動体撮影(連写、“動体”AF速度≒CAF精度 ※暗所を含む静止物ではオリの上級機も高評価あり)と言えばキヤノンかな? ですので、オリとキヤノンの2社に絞って考えようとした矢先、時間貧乏の私が職務での移動時間(主に渋滞)の友として、コギブロと並んでほぼ毎日チェックしているカカクコムの掲示板に、今回のご質問にぴったりの内容のスレッドが素晴らしいタイミングで立ち上がり、参加者の意見が、これまたことごとく私の考えと同様ですし、それほど長くもありませんので、まずはご覧下さい。 って、絶妙の手抜き? いえいえ、本当にそうなんですってば!(笑)

 

これだけでも充分と言えば充分かも知れませんが、それではあまりに何ですので、その後に若干の補足説明と、レンズ(主に焦点距離)について実例をご覧頂きたいと思います。

それから、カメラの掲示板でもよく、『使ったこともない機種についてとやかく言うな!』と言われておりますが、今回はご容赦願いたいと思います。

もうひとつ、もし関係者の方(特にフォトマスター検定1級所持者)がご覧になられて、著しい間違い等ございましたら、鍵コメでも結構ですので、ご指摘願えれば幸いですが... さすがに難しいですかね?
とは言え、他意が無いことはご理解頂けるものと思っておりますので、今後も変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。



 

第一章 『カメラ板の住人達の意見』

 

価格.com オリンパスE-620ボディのクチコミ掲示板『kiss X4wkitE-620wkitか!』

 

補足説明

 

・スレ主のメカRさんは今回マンマさんへ相談されたお友達と年齢も近いと思われ、撮影用途に運動会もあることから、被写体までの距離や動体という点で参考になるものと思います。また、X4はキャッシュバックキャンペーンがあるそうなので、お値段優先であればポイントになると思われます。

 

・電産さんは質実剛健なオリユーザーで、E-620を愛用しながらも同社の将来性を懸念して

他社を薦めています。これはプレスリリースされている同社幹部のインタビュー記事が元であり、“完全撤退”と言っている訳ではなく、『一眼レフの普及機は当面ペンシリーズのマイクロフォーサーズ(※以下マイクロ)に注力する。』という発言を受けてのものなのですが、当然の憶測として、『企業が発売中の製品(ましてやシステム)の廃止を軽々に言うはずがない。極力非難を軽減するために遠まわしに撤退を先延ばししているだけ。』などと、昨年来同社ファンを中心に議論を呼んでおり、先日フラッグシップモデルのE-5が発売され、その描写力(解像感)は高く評価されているようですが、フォーサーズ用の新たなレンズは開発されないのではないか?などと噂されております。私も正にこの理由で他の人にお薦めし難いのはもちろん、自分がボディーやレンズ等を購入するのも躊躇われるのも事実です。幸い近々に購入する予定はありませんが...

 

Depeche詩織さんはオリを目の敵にするC社ユーザーさんで、荒らしが目的の方なのであまり参考にはならないのですが、↑の問題を断定的に言ってますね。

 

nightbearさんの言われるフリーアングル(=バリアングル、可動式 液晶)も、用途によってはかなりの高ポイントであると思います。特に花やワンコなどのローアングルには必須で、私もこの一点だけでE-510からE-620に買い替えたのですが、AF方式の違いで動体にはライブビュー(LV)撮影が向かないことはご存知の通りです。あ、野球には殆ど不要ですよね。

 

AXKAさんは運動会用途を忘れているようですが、旅カメラとしてなら正に仰る通りだと思います。

 

・ここにしか咲かない花さん 大筋同意します。

>そのうちバリアングル搭載のペンのプロ機とかも出るでしょうしね。

私もこれが理想のような気がしてます。

 

>爆速オートフォーカスのパナのマイクロフォーサーズの方が向いてると思います。

これも良く聞かれることで気になってはいますが、試したことはありません。

 

Conversion is darkさんは、Depeche詩織さん同様、オリを目の敵にするC社ユーザーさんですが、荒らしと言うより一種の精神障害があるのではないかと思える偏執狂ですので誰もまともには取り合わない方ですが、今回のEOS 60Dという意見は大いにありだと思います。

 

・ここにしか咲かない花さん AF速度比較のデータを紹介されていますが、コントラストAFですので直接動体撮影の参考にはなりませんが、スポーツの中でも野球の場合は置きピンで撮影出来るケースが多く、極端に言えば全て賄うことも可能と言えなくはなく、実際私も8~9割は置きピン→レリーズ半押し待機→撮影です。この点からも、上にも書きましたパナのマイクロフォーサーズは気になっています。小型軽量でもありますしね。

また動画も一台で賄いたい場合、俄然キヤノンが有利となります。

 

※中古に関しては、個体差はもちろん、地域性にも大きく左右されと思われるため割愛します。また、高感度につきましても、少年野球にはあまり影響無いと思われますので、やはり割愛させて頂きます。

 

・イリアoさんのご意見には100%同意しますが、お薦め機種を挙げられていないのが残念です。

 

・はらたさん 的を射た発言が多いオリファンで、今回の発言も一から十まで共感します。

 

Double Blueさんは、マンマさん同様、フォーサーズの望遠での有利さを挙げていますが、そのオリの望遠レンズの中でも極めて評価が高いのが50200mm F2.83.5SWDです。後ほど書きますが、35mm版換算100400mmと、野球(特に少年野球)にはほぼ充分な焦点距離、フォーカスの速さなど、値段と重量さえ問題無ければ文句無く一押しで、私も望遠を購入した際、これにしようか迷いましたが、資金的に安いものになってしまいました。しかし、将来的にフォーサーズを使用し続ける場合、必ず購入したいレンズです。

ちなみにこれも後ほど書きますが、キヤノンでこれに近いレンズももちろんありますが、決して安くも軽くもありません。

 

XP14K4さんも言われるように、新たなフォーサーズレンズは今後開発されないかも知れませんが、システムが廃止にさえならなければ、必要にして充分なレンズ群が揃っていると言えます。

 

・イリアoさんのE-620のレビューは、↑のご意見同様100%同意します。まるで私が書いたかの様です。(笑) まだ書いてませんが。。。

 

・ジジカメのメカジジさん オリユーザーの現在の偽らざる心境であると思います。

13743さん 良く言われることですが、私もそう思います。実際手に取ってみて、五感に合うものが良いというのは、ある程度真理だと思います。私もイチデジデビューにあたり、機能面ももちろん考慮しましたが、決め手の50%は細部の色彩(レンズの青い環。ペンタの緑環は有名ですね。)や質感、グリップ感等でした。

 

 

第二章 『実例に見る! 野球撮影におけるレンズの焦点距離』


下手な写真で恐縮ですが、野球撮影に必要な焦点距離を実例で見てみます。

機材は、ボディーはすべてOLYMPUS E-620、レンズは①②③のみズイコーデジタル ED14-54mm F2.8-3.5Ⅱで、残りはすべてズイコーデジタル ED70-300mm F4.0-5.6です。

※数字はフォーサーズの焦点距離、( )内は35mm版換算の焦点距離です。





1_50.jpg

①25(50)

練習なら標準ズームでOKです。近付いてOKならですが...





2_50.jpg 
②25(50)

同上






3_100.jpg 
③50(100)

②と殆ど当距離ですが、望遠端なら迫力が出ますね。





4_70.jpg 
④70(140)

バッター撮影  ここからはグレードの低い望遠レンズですので、画質が落ちます。
ちょっと物足りない感じもしますが、周囲の状況が分かり易い構図です。
前方を開け気味にするのが、バッター撮影(野球撮影)に限らず、ポイントです。

※これ以降の撮影位置は一塁側ベンチ&スタンド最前列(ベンチの上)です。






5_100.jpg 
⑤100(200)

キャッチャーと審判を入れる場合、これぐらいがアップの限界でしょう。






6_150.jpg 
⑥150(300)

バッターのみを写す場合は、これぐらいが適当でしょう。
オリンパスの望遠キットはこれぐらいです。





7_100.jpg 
⑦100(200)

ピッチャー撮影






8_150.jpg 
⑧150(300)





9_100.jpg 
⑨100(200)

内野撮影(セカンドベース上) もう少し大きく写したかったところですが、ファインダーで追うのはなかなか難しいです。







10_100.jpg 
⑩100(200)

内野撮影(サードゴロ) やはり小さめですが、バッターランナーが写っているので状況が分かり易いです。





11_150.jpg 
⑪150(300)

内野撮影(サードゴロ) ⑩よりは迫力があります。





12_200.jpg 
⑫200(400)

三塁塁上 三塁打を打ったバッターは、これぐらい大きく写してあげたいですね。






13_125.jpg 
⑬125(250)

外野撮影 顔は分かりませんが、ライナーを見事にキャッチしたのは分かります。
⑨と同様、これ以上大きく写すのは、置きピンで待ち構えていない限り現実的に難しいです。





14_130.jpg 
⑭130(260)

外野撮影 ⑬同様






15_150.jpg 
⑮150(300)

外野撮影 ⑬⑭同様






16_200.jpg 
⑯200(400)

外野撮影 ⑬⑭⑮同様






17_300.jpg 
⑰300(600)

外野撮影 撮影距離90~100m 
※この写真に限らず、少年野球の場合、大人より10~20m近くなるので、もう少し大きく写せるはずですが、体が小さいのであまり変わらないかも知れません。





18_70.jpg 
⑱70(140)

外野撮影 一般的なダブルズームキットではこれぐらいの大きさにしか写せません。
しかもこのカットは三塁側からレフトの選手を写してます。






19_250.jpg
 
⑲250(500)

本格的な観客席のあるスタンドで、中段からピッチャーを写すにはこれぐらいの超望遠が必要です。 自分のチームではなく、母校の選手ですので、顔が写っていないカットを掲載します。(笑)






 

 

第三章 『お薦めボディー&レンズ』

 

・ボディー(撮像素子サイズ 画素数 連写コマ数/秒 重量 価格.com最安値)

・レンズ(重量 価格.com最安値)

 

■ボディー

Ⅰ.お金持ちのお友達なら...

EOS-1D Mark Ⅳ(APS-H 1,610万 10コマ 1,180g 45万円)

☆推薦理由

1.使用したことはありませんが、NIKONと並ぶプロ御用達機。

2EOS-1Ds Mark Ⅲはフルサイズのため望遠不利。(ボディー、レンズ共超高価)

3EOS-1D Mark Ⅲは連写5コマ&画素数少なくトリミング不利。

 

OLYMPUS E-5(フォーサーズ 1,310万 5コマ 800g 17万円)

 

☆推薦理由

1. 発売したばかりの同社フラッグシップ機。一般論としてデジ物は最新が最高のケースが多い。スペック発表から発売まではオリユーザーからも非難轟々であったが、実写サンプルが出回ると、その解像感の素晴らしさから、悪評は殆ど完全に無くなり、他社ユーザーからも驚嘆と称賛の声が増えている。

2. 岩合さんを始め、プロも使用している。特に防塵防滴性能の高さからネイチャー系が多く、屋外で雨天でも行う野球にも好適。

 

Ⅱ.あまり予算をかけたくないなら...

EOS 7DAPS-C 1,800万 8コマ 820g 10万円)

EOS 60DAPS-C 1,800万 5.3コマ 675g 7万円)

EOS Kiss X4APS-C 1,800万 3.7コマ 530g 5.5万円)

 

☆推薦理由 

マンマさんにお任せ致しますが、私としては、キヤノン初のバリアングル液晶とアートフィルター、発売時からかなり下がった実売価格、連写、重量等、総合バランスから60Dを一押しとさせて頂きます♪

※初めての購入であれば、とりあえず標準ズームは必要だと思いますが、第二章での、ご希望の焦点距離次第によってはEFS55250mm F45.6 ISOKの可能性も充分あるものと思われます。その場合、7D以外の2機種ではダブルズームキットに同レンズが付属ですので、大変お得です。(特にX4) しかしAF速度等は分かりかねますことをご了承下さい。(価格から推測しますと、あまり早いとは考え難いです。)

 

OLYMPUS E-620(フォーサーズ 1,310万 4コマ 475g 4.9万円)

 

☆推薦理由

...と言いますか、同社のエントリー~中級機種で、お薦め出来るものが実質これしかありませんので...(汗;

しかし、掲示板やレビューにも書かれております通り、小型軽量、廉価なことを始め、機能・性能面でも実質中級機と評価する方も多く、特に手頃な価格で望遠撮影をしたい方にはお薦めであることは間違いありません。ただし、繰り返しになりますが、システムの存続が懸念されることが唯一にして最大の問題であると思われます。しかしながら、「デジ物なんて所詮は短命、携帯2年、PC3年、デジカメは5年も持てば御の字」という方がいることも事実です。お友達がこう考えられる方でしたら、悪い選択とは言えないと思います。

 

 

■レンズ

Ⅰ.お金持ちのお友達なら...

◎ズイコーデジタル ED50-200mm F2.8-3.5SWD995g 8.7万円)

○ズイコーデジタル ED12-60mm F2.8-4.0SWD575g 8万円)

 

☆推薦理由

50-20035mm版換算100-400mm)は、他社ユーザーからも評価が高く、他社に同等品が存在しないと言われるほどです。本当に無いかどうか確認はしてませんが、私も次の次に欲しいと思っているレンズです。(次は神レンズと言われる50mm F2.0マクロ)

SWDとは超音波駆動方式によるAFシステムで、合焦の速さが売りです。同社にも3種類しかありません。

 

Ⅱ.あまり予算をかけたくないなら...

○ズイコーデジタル ED70-300mm F4.0-5.6615g 2.8万円) ※筆者所有

△ズイコーデジタル ED40-150mm F4.0-5.6220g ※キットならほぼ無料)

○ズイコーデジタル ED14-54mm F2.8-3.5Ⅱ(440g 5.3万円) ※筆者所有

△ズイコーデジタル ED14-42mm F3.5-5.6190g ※キットならほぼ無料)

 

☆推薦理由 

70-30035mm版換算140-600mm!!)は、このサイズと価格で、この焦点距離は他社には有り得ません。AFは遅いですが、第二章の写真で充分という方には超お薦めです。因みに、望遠マクロとして花などの等倍撮影も出来ます。

 

標準ズームに関しましては、室内で子供撮影をすることなどを考えますと、14-54(または12-60)がお薦めです。

 

※キヤノンについては割愛させて頂きます。

 

 



■結論

 

予算に上限が無い方はともかくとして、エントリーユーザーで、性能とコストを考慮した場合、EOS 60D(ダブルズームキット)がベストチョイスではないかと私は考えます。自分が友人から相談されたら、若しくは自分が相談者の立場であったら、これを薦める、選ぶと思います。ただし、キットレンズで満足出来なくなった場合は高くつくことになるのは仕方無いと思います。

ましてやキヤノンユーザーのマンマさんですから、操作やレンズ選びについてアドバイスもし易いですしね。

 

ブログのコメントもそうですが、今回も大変長くなりまして、その割には内容が伴わずに書く方も読む方も時間の無駄という気がしないでもありませんが、単純に製品の機能だけを較べるのであれば、それほどでもないと思うのですが、現在のオリンパスには上述したような問題があるため、自信を持ってお薦めし難い状況であることを念頭に、機種選びの参考として頂ければ幸いです。

 

 

 

蛇足

 

どのジャンルでも多かれ少なかれ言えることだとは思いますが、特に野球の撮影においては、撮影者が野球を知っていることが重要であると思います。盗塁やエンドラン等を始めとする次の展開や、欲を言えば打球の飛ぶと思われる方向の予測等。 そこまでではなくとも、最低ルール程度は... と言いますのも、10年ほど前に、自称カメラが趣味(後日、超下手くそであることが判明)という知人に試合を撮ってもらったことがあるのですが、まともな写真が全くかったという経験があります。特にフィルムでしたから... とは言え、プロならともかくアマチュアの場合、撮影者各人のレベルで写真を楽しめば良いことは言うまでもないことと思いますし、ましてや自分の子供を撮る場合、笑顔はもちろん、悔しがっている顔や泣き顔でさえ、かけがえの無い思い出になることと思います。

お友達が良い写真をたくさん撮られることを、そして私も一枚でも多く良い写真が撮れるよう願いまして駄文を終えさせて頂きます。

お読み頂きましてありがとうございました。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

【 2011/01/10 23:01 】

| 撮影機材 | コメント(8) | トラックバック(0) |
パパヤのクールな自分へのご褒美だゼ☆

 100206_1.jpg 

510から620への買い替えに伴いⅡとなりはしたものの、唯一のレンズとして活躍している標準竹レンズの14-54君☆

 

 

 

100206_2.jpg 

そして今回、新たに仲間に加わった9-18君☆

 

 

 

100206_3.jpg 

そしてもう一人、70-300君☆ このコンパクトさながら、35mm換算600mmの超望遠☆

 

 

 

100206_4.jpg 

望遠端の繰り出し。

 

 

 

100206_5.jpg 

望遠、標準、広角の揃い踏み☆

強いて言えばマクロも欲しいところですが、14-54君も準マクロ的な使い方も出来、70-300君も等倍撮影可能とのことなので、当分(少なくとも今後一年)はこのメンバーで満足出来そうです☆

 

 

 

100206_6.jpg 

ボディーに装着したところ。 まずは標準君☆

キットレンズと比べると一回り大きいですね。

 

 

 

100206_7.jpg 

続いて広角君。 なかなかに可愛いですね☆

 

 

 

100206_8.jpg 

さらに望遠君。 ボディーがコンパクトだけに、なかなかに大迫力☆

 

 

 

100206_9.jpg 

横から長さを見てみましょう。

まずは一番短い広角君。

 

 

 

100206_10.jpg 

続いて標準君。

 

 

 

100206_11.jpg 

フードを付けてみました。

 

 

 

100206_12.jpg 

同じく望遠端。

 

 

 

100206_13.jpg 

続いて望遠君。 このサイズで300mmというだけで驚きですが、フォーサーズのため35mm換算なんと600mm!

 

 

 

100206_14.jpg 

望遠端。 結構繰り出ます。

 

 

 

100206_15.jpg 

フード装着。

 

 

 

100206_16.jpg 

更に望遠端。 かなり長いです。

 

 

 

100206_17.jpg 

レンズ3本ともなると持ち運びも大変なので、リュック型のバックも買いました☆

スタイリングも考慮して一番スリムなタイプです☆

なんか通販サイトみたいですね?(笑)

 

 

 

100206_18.jpg 

三脚もこのように装着出来ます☆

写真が趣味ってバレバレですね。(笑)

コンデジでSS1/10なのでさすがに手ぶれました。

 

 

 

100206_19.jpg 

収納状態。 これ以上レンズは入りません! ので買えません!(笑)

 

さて、機材は万全として、モデルさんはと言うと...

 

 

 

100206_20.jpg 

実は撮影の間中、こんな状態でした。(笑)

 

 

 

 

100206_21.jpg 

さ~て、明日が楽しみだ~♪

 

 

 

 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

【 2010/02/06 19:27 】

| 撮影機材 | コメント(0) | トラックバック(0) |
パパヤのクールな新しいカメラだゼ☆

 090731_1.jpg 

 カメラを換えました。 一昨年、十年以上のブランクを経て戻った3台目の一眼 OLYMPUS E-510君。 二年間使い、忘れていた写真の面白さをすっかり思い出させてくれ、とても良い機種ではありましたが、デジタル物の宿命で次々と高機能品が発売され、ついに物欲を抑えきれず、お役御免となりました。

 

 

090731_2.jpg 

ちょっとブレたこともあって全然変わってない様に見えますが、私にとって4台目の一眼となるおニュー君☆

 

 

 

090731_3.jpg 

先代。

 

 

090731_4.jpg 

おニュー君♪

 

 

090731_5.jpg 

レンズも良く見りゃ輝くⅡの文字が!!

 

 

 

で、どんな機能が素晴らしいかと言うと...

 

090731_6.jpg 

例えばワンコ撮影の定番である、この様な床べったりのローアングルの場合、今までですと腹這いになる必要があり、ランや公園などでラフな服装の場合はともかく、旅行先などでは少々憚られますし、それに雨上がりなどで地面が濡れている場合も大変やり難いですよね? まして私の様に首に爆弾を抱えており、医者からあまり上を向かない様に言われている者には辛い体勢です。

 

 

090731_7.jpg 

しかし、620君に搭載された可動液晶画面を使用すれば楽々撮影出来ます♪

 

 

090731_8.jpg 

こんな塩梅で。

 

 

090731_9.jpg 

ピントも楽々♪

 

 

 

090731_10.jpg 

その上、ソフトでの編集無しに本体だけでこんな写真も撮れちゃいます♪

さ~いっぱいお出掛けしてたくさん写真撮るぞ~♪

 

 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

【 2009/07/31 18:56 】

| 撮影機材 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |